「軽率な行動」と「失敗の定義」と「矢沢永吉」

どうも、現役ストアカ講師しんのすけでございやす

こないだ開催したストアカであった質疑応答のお話をご紹介します。

軽率な行動

ストアカでリクエスト募集中

先週もストアカの講義をやってきました。

こちらから開催リクエスト募集中です。
リクエストいただきましたら、お互いの都合の良い日程を調整させていただいて開催する感じです。

試運転としてやっていたので1回500円と激安でしたが、間もなく値上げさせていただく予定でおりますので、ご検討中の方は、お早めにご連絡くださいませ。まだ間に合います(笑
→ (2019年5月29日追記)値上げしました

ストアカでの質問

そのとき受けた質問です。

自分の人生、本当にこのまま終わっていいのだろうか?と考えています。
人に教えることが好きなので、なんらかの講師業をしたい。
しかし会社員を辞めて独立し、妻と子供3人食べさせていけるのか?
今後、自分が何をしていけばいいのか悩んでいる。
ーー会社員 49歳・男性

この方はエンジニア志望ではなく、将来独立のための参考にしたいとのことで私のもとにお話を聞きに来てくださいました。とても勉強熱心な方で、聞けば某コンサル資格も取得されたりいろいろされたそうですが、以下2点の心配事があるようでした。

  • いまひとつ将来の方向性が見えていない
  • 不安が拭えない

私の回答

今のまま、頭で考えているだけでは、絶対に答えは見つかりません。
足りていないものは、「情報」ではなく「行動」です。
あまり何も考えず、軽率に行動を起こしてみて、それから考えてください。

具体的には、講師をしたいのであれば、ストアカかタイムチケットを使って、お金をもらう側としての講師活動を体験してみてください。

私も人から「なんでストアカやってるの?」と、聞かれますが正直、特になにも考えていません

しかし、もじもじして、何をしようかな、どうしようかな...と考えているよりも遥かに、
何も考えず行動を起こした方が、得るものが大きいです。

いきなりストアカが無理なのであれば、なんでもいいので何か行動を変えていってください。
今の生活の中で、今までと違った何かを取り入れてみてください。

そうですね、例えば...

  • 喫茶店で将来のことを考えている時間があれば、ドロップイン利用してコワーキングスペースで考えてみる
  • ストアカ先生同士の交流会イベントに参加してみる。同じ志の仲間をつくる。
  • 講義の演目を作り、知り合いや後輩に付き合ってもらって、お金をもらえる価値があるか感想を聞く

などです。

告知

そういえば私の使ってるコワーキングスペースで「ストアカ関西先生交流会」というイベントがあるらしいです。

↓イベントのリンク

なんか流れ的にステマっぽいw 私個人は全然カンケーないですよ。
一応、私も先生なので、都合あえば参加するかもしれません。

失敗の定義

さらなる質問

上記のご回答をしたところ、さらに聞かれました。

失敗したらどうしよう。とかあまり考えないのですか?

さらなる質問に対する回答

考えません。それは失敗してもどうにかなる、と思っているからです。

以前の私は、ひどく小心者で、萎縮して毎日を過ごしていました。
昨日の「勇気の出し方」の記事を読んでもらえたらわかって頂けるかもしれませんね。

でも、今は失敗そのものは怖くはありません。

フリーランス/自営業として現在食べてますが、もし仮に現在の収入源が全てなくなったとしても、また別の収入源を探せばいいだけです。手に職はあるので、探せば見つかるだろうと気楽に考えて生きてます。

どうしても収入が得られなかったとしても、会社員に戻ればいいし、万が一のときは生活保護もあります。この日本で野垂れ死ぬことはまずありません。

失敗したら莫大な借金を抱える?

よくこんな話をテレビ等で耳にします。

事業に失敗して、多額の借金を抱え、一家離散。。。

しかし、エンジニアもそうですが、講師業というのは「仕入れ」も「設備投資」も不必要な「おいしい商売」です。事業を始めるときに、必要なのは当面の生活費だけで、他は特になにも必要ありません。

マイクロビジネスとして、小さく始めてから、コツコツと転がしていけば確実に黒が出ると思います。一気に荒稼ぎしようと企んで、大きな事務所や会議室やたくさんの従業員を抱えるというようなことをしなければ借金をすることもない商売だと思います。

もし仮に貯金が底を着いたら、日雇いのアルバイトをして、半月は講師・半月はバイトで食いつなぐとかどうでしょうかね

私も、実際パソコン教室をやってたんですが、それは長くなりますので、別記事に書きました。こちらご参照ください。

やった後悔より、やらなかった後悔

そもそも、失敗の定義が少し違います。
なにかにチャレンジして失敗しても「この方法ではうまくいかないことがわかった」という”成功の元”が手に入るだけです。

真の失敗とは、「何も挑戦しないこと」です。
べつに、特段私が言わなくったって、偉大なる先人たちがみんな同じことを言っていることから歴史的自明なのでしょう。

やってしまった後悔はだんだん小さくなるけど、やらなかった後悔はだんだん大きくなる。
ーー小説家 林真理子

矢沢永吉

「やっちゃえNISSAN」のCMでお馴染みの永ちゃんが若かりし頃。

いつの時代だって、やるやつはやる。やらないやつはやらない。
ーー矢沢永吉

永ちゃん...めちゃかっこいい。

まとめ

人生の先輩に対して、講釈を垂れるのは気が引けて、恐縮する気持ちではありましたが、自分の経験を踏まえつつ知っている限りのことをお伝えしましたら、講義の最後には「これから行動を変えていってみたいです!」とすごくワクワクしている表情を見せてくださったことが忘れられません。

結果、なにも考えずにストアカやってよかったなあー。と思う次第です。